大阪名物:阪神百貨店スナックパークの「いか焼き」


今や大阪名物として長蛇の列をつくっている阪神デパ地下のいか焼きをいただく。

いか焼きとはイカを、小麦粉と卵の生地で押し焼きしたもの。
食べてみると弾力のある生地の中にちりばめられているイカのしこしこ食感が独特の味わいを出している。まさにこなもん文化(粉物文化)の代表例。
ちなみにイカを丸焼きにした焼きイカとは違う。
大阪・梅田、阪神百貨店地下スナックパーク(フードコート)にて購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です