アーシュラ・K・ル=グウィン&S.D.シンドラー、村上春樹訳 『空飛び猫』 講談社 1996

もろもろの事情でしばらく関西にいることになった、まろまろ@関西ごはんというコンテンツもつくりました(^^)v

さて、『空飛び猫』アーシュラ・K・ル=グウィン著、S.D.シンドラー絵、村上春樹訳(講談社)1996。

4匹の兄弟猫は、なぜか翼をはやして生まれてきた。
街から田舎へ飛び立った猫たちはそこで動物たちと悶着を起こす。
そんな中、人間の兄妹と出会う・・・

SF作家として有名なアーシュラ・K・ル=グウィンの絵本。
原題は“CATWINGS”

読んでみると、想像していたものよりもずっとほんわかした内容だった。
挿絵の猫の目がちょっと怖いけれど、それを可愛いと思う人もいるだろう(w

また、この本は日本人小説家の村上春樹が翻訳をおこなっている。
物語の中で・・・
「いんげんを見たのかい?」とジェームズが言いました。
「それを言うならにんげんだろう」とロジャー。
・・・というシーンを読んだ時に、原文はどんな風なんだろう?と思っていたら、脚注に原文が載っていて・・・
“A human bean ?” said James.
“A human being ?” Roger said.
・・・さらに「ちょっと苦しいけど、まあいちおうは豆が絡んでいるので、勘弁してください」と書かれているのには少し笑ってしまった。

この本をamazonで見ちゃう

2007 9/3
絵本
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です