Brasserie Gus(ブラッスリー・グー)の「イカの夏野菜とクスクス詰め」、「牛頬肉の赤ワイン煮」、「ココナッツのパルフェ」


左:イカの夏野菜とクスクス詰め→夏野菜を細かくしてクスクスであえたものをイカにつめこんだ前菜。イカと夏野菜の味がクスクスにしみこんだ一皿。
中:牛頬肉の赤ワイン煮→大きなかたまりの牛ほほ肉がごろんとのっているボリューミーなメインディッシュ。とても柔らかく煮込まれていて筋張ったところも無く、とても美味しい。
右:ココナッツのパルフェ→デザートの一皿。ココナッツのシャーベットがすっきりさせてくれる。

フランス料理激戦区の神楽坂の中でも特に評価の高いBrasserie Gusの予約を、友人が取ってくれたということでランチでおとずれる。プリフィクスだけど、黒板メニューでその日限定のメニューも含めると選択肢が豊富。必死に悩んで選んだのがこの「イカの夏野菜とクスクス詰め」、「牛頬肉の赤ワイン煮」、「ココナッツのパルフェ」。予約が取れない店として知られているけれど納得のお店だった。
神楽坂の「Brasserie Gus(ブラッスリー・グー)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です