鷹匠のもりそば;「深山」(いなか)

朝から暖簾を開けているお蕎麦屋さんとして知られる根津の「鷹匠」に、文京区友の会第4回ポタリングオフで訪れる。こちらの盛りそばは二八そばの「せいろ」と、生粉で太打ちの「深山」(いなか)の二種類がある。健康ヲタクの僕は深山を注文。深山には甘皮が引き込まれているので、褐色に色づいている。食べてみると食感のたくましさとそばの香りを両方楽しめした。つるつるいける細麺の二八そばもいいけれど、田舎風のこの深山も味わい深いですな。
根津(東京都文京区根津2-32-8)の「手打ち蕎麦 鷹匠」(たかじょう)にて。

“鷹匠のもりそば;「深山」(いなか)” への0件の返信

  1. >まあやんさん
    いらっしゃいませ!
    そうそう、鷹匠は朝からしっかりとした手打ち蕎麦がいただける貴重なお店ですよね。
    mixiにもまろみあんコミュニティがありますので、そちらもよろしければどうぞです(^_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です