『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(映画)

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』に続く第三弾。

三部作の完結編という位置づけということで、前作までの伏線の解決編を期待して観たのに、あまり解決しなかった。。。
ジョニー・デップがジャック・スパロウ船長の演技の参考にしたというキース・リチャーズが登場するなどの見所はあったけれど、よくわからない演出や展開もあって不可解な印象が残った。

ちなみにエンドロールの後にカットがあるのが毎回の恒例のようだ。

このコンテンツをamazonで見ちゃう

2007 5/28
もろもろ鑑賞、映画
まろまろヒット率2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です