『シンドバッド7回目の航海』(映画)

小人にされてしまった婚約者を救うため、船乗りシンドバッドは危険な島に旅立つ・・・

海洋冒険映画の傑作とされる、1958年のレイ・ハリーハウゼン監督作品。
タイトル通り『アラビアンナイト』を元にしていている。
ただ、シンドバッド物語で有名な巨人や巨鳥のエピソードは組み込んでいるものの、魔法のランプの内容も入っているなど、ストーリーは映画オリジナルの要素が大きい。
ダイナメーションを駆使した特撮の名監督として知られるレイ・ハリーハウゼンの代表作だけあって、今観ても迫力のあるシーンがあった。

ちなみに邦題は「シンドバッド七回目の冒険」と表記されることもある。

このコンテンツをamazonで見ちゃう

2006 12/27
もろもろ鑑賞、映画
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です