大盛りグルメの聖地巡礼:やよい食堂の「カレーライス」と「かつ丼」


左:カレーライス大盛り→お皿に盛りきれないのでルーがこぼれているのがチャームポイント(?)。縮尺用に置いた10円玉から大きさが分かるように、ありえないくらいボリューミー。味は美味しいけれど・・・
右:カツ丼大盛り→フタをしないと決壊してしまうほどの高さ。食べてみると、どこまでもごはんが続く。味は美味しいけれど・・・

大盛り界のサンクチュアリとして崇められているやよい食堂を訪れる。出てきた料理は大盛りという概念がもはや通用しないボリュームだった。特盛り、爆盛り、どか盛り(ドカ盛り)、バカ盛り(ばか盛り)、超盛り・・・など、大盛りを上回る概念が新たに必要なことを思い知らされた聖地巡礼だった。ちなみに味は美味しいし、ホスピタリティも良い。ただ、質と量とは本来同じものなんですな。。。

お風呂めぐりの途中で立ち寄った千葉県野田市(最寄りは愛宕)の「やよい食堂」にて。
大食い メニュー

0 Replies to “大盛りグルメの聖地巡礼:やよい食堂の「カレーライス」と「かつ丼」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です