きつねやの「ホルモン丼」

一つの大鍋で煮込まれたモツ煮をアツアツのごはんの上にどさっとのせてくれるホルモン丼。食べてみると、味は見た目よりもずっとマイルドでツユダクなのに最後まで美味しく食べられる。何でももつを煮込んでいるスープは昭和22年(1947年)の創業当時から維持しているとか。B級グルメもここまでくれば伝統の味。築地市場を代表する名店ですな。

朝早起きして自転車で来た築地・新大島通り沿い(場外市場)の「きつねや」にて。

“きつねやの「ホルモン丼」” への0件の返信

  1. こんにちは、まろまろ記さん。
    TBありがとうございました。

    わたしもきつねやの「ホルモン丼」が大好きでよく食べてます。
    ご飯なしのホルモン煮&ビールとの組み合わせで注文する人も多いですね。
    熱々をハフハフしながら食べるのが最高~。
    ここのおしんこ(漬物)もおいしいですよ。

    長い行列に並んでも食べたい築地の名物です!

  2. TBありがとうございます。

    きつねやのホルモン丼、見た目のボリューム感とは裏腹に、非常に食べやすく、私もあっという間に完食してしまいました。
    こういうお店がいっぱいあるのが築地の魅力の一つですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です