世界一くさいチーズ "L'ami du Chambertin"(ラミ・デュ・シャンベルタン)

世界一臭いチーズの一つと言われるL’ami du Chambertin(ラミ・デュ・シャンベルタン)をマイマイちゃんが買ってきてくれたので、安田講堂前の広場で試食会。ブルゴーニュの蒸留酒マールで洗っているので表面がほんのり色づいている。香りは噂通り強烈なものがあったけど(まさにに腐った匂い)、味の方は「シャンベルタンの友」という名前のフロマージュだけあってワインとの相性はばっちりだった。応用菌学では腐敗も発酵も同じで、利用できるかどうかで判断するとのこと・・・その意味がよくわかる一品ですな。
銀座のチーズ専門店「アロマッシモ」にて購入とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です