「月の湯」 (銭湯)

護国寺の弊社分院跡地の近く、目白台にある銭湯。
昭和8年(1933年)の創業以来、破風造りの門構えはもちろんのこと、
内装も変えていないという文化財級のレトロ空間を持つキング銭湯の一つ。
ロッカーではなく、木かごを脱衣入れにするというのもまた味がある。

入ってみると東京の古い銭湯の割には高温ではなく、ゆっくりと入ることができた。
お風呂上りに軒先にある椅子に座って涼むと、また格別な風情を楽しめる。

2006 8/26
ぷかぷかお風呂日記
まろまろヒット率4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です