コンテンツ創造科学&Yahoo! JAPAN共同プロジェクト「検索技術と情報ビジネス」

東京大学コンテンツ創造科学とYahoo! JAPANの共同プロジェクト「検索技術と情報ビジネス」の演習を、六本木ヒルズ26階のYahoo! JAPAN本社でおこなう。

前の週まる一週間かけたインプットを終えてからの、この日はブリーフィングも含めて半日がかりでの演習だった。
演習で組んだ相手はプレゼン経験豊かな人物(Disney INC在籍)だったので、僕は主にアイデアやキャッチフレーズ創出と質疑応答での対応の役割を担った。
詳細は非公開だけど、Yahoo! JAPANの既存のサーヴィスを組み合わせたものという趣旨にそって出した「Yahoo! LIFE」(仮)の提案は、
フィードバックの反応もよく盛り上がったものになった。

演習が終わってから東大側とYahoo!側のスタッフが一同に交いして軽いお茶会(茶話会?)をおこなう。
そこでさまざまな部局のスタッフさんたちと話す機会が得られた。
肩肘張らずリラックスした雰囲気の中での集まりだったけど、会話の内容はどれも濃密なものばかりだった。
お互いが一対一で話し合えるこの集まりは、前週とこの半日を使った共同プロジェクトの中で一番充実した時間に思えた。

思えば1995年からネットを使っていた僕は、1996年のYahoo! JAPANスタートから利用している熟練ユーザーになる。
さらに2001年のサイト開設からはWebマスターとして関わり、ディレクトリ登録された時のこともよく覚えている。
そんな同時代を生きた人たちと話す機会は、ずっと対岸にいた人たちと初めて話をした気分になって感慨を覚えた。

2006 8/2
出来事メモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です