ルドミラ・ゼーマン、脇明子訳 『シンドバッドと怪物の島』 岩波書店 2002

らぶナベ@文京ごはんをblog風に変更してみました→http://maromaro.com/archive/category/gohan
先月の文京ごはんデリシャスランキングを配信するメルマガもやってます→http://mixi.jp/view_community.pl?id=779245

さて、『シンドバッドと怪物の島』ルドミラ・ゼーマン文・絵、脇明子訳(岩波書店)2002。

絵本『シンドバッドの冒険』の続編。
シンドバッド第3回目の航海を取り上げている。
原題は”Sindbad in the Land of Giants”。

前作よりも面白くて、大蛇や怪物の危機をくぐりぬけるコミカルさが楽しめる。
「もう二度と航海には出ない」と心に決めたシンドバッドが再び航海に出るおちゃめさが伝わってくる一冊。

この本をamazonで見ちゃう

2006 5/10
絵本、海洋もの
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です