「蛇骨湯」 (温泉銭湯)

泉質:メタ珪酸および重炭酸ソーダ

江戸時代から続いているという、浅草(田原町)の温泉銭湯。
温泉銭湯なので銭湯と同じ料金だけど、なんと露店風呂まであってぷち温泉気分を味わうことができる。
休憩スペースもあるのでゆっくりお風呂を味わうこともできる、オススメのお風呂のひとつ。

ちなみに名前の由来は、江戸時代にこの銭湯の周辺は職人さんたちが住む「蛇骨長屋」と呼ばれていたことから来ているらしい。

2006 4/16
ぷかぷかお風呂日記
まろまろヒット率4

“「蛇骨湯」 (温泉銭湯)” への0件の返信

  1. ピンバック: 誰が読むのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です