集中したいなら恥と外聞は捨てる

恥や外聞を気にしていては、集中できないことが多い。
そして、何かを成し遂げるなら集中しなくてはいけない。
だから時には恥も外聞もかなぐり捨てる勇気が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です