『アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005』(美術館)

六本木ヒルズの森美術館が主催した『アーキラボ』に行く。
ちょうど最終日だったので滑り込みセーフという感じだった。
中でも”SECTION4:文脈化する都市”(The Contextualized City)は、僕が書いた論文とかぶる点も多くて楽しめた。
ただ、この『アーキラボ』よりも、下の階でやっていた上海・東京・NYのジオラマを展示した『都市の模型展』の方がおもしろく感じた。
デザインされた構造の骨組よりも、雑然とした進化の結果の方が生々しくて魅力的に感じたからだろう。

2005 3/13
もろもろ鑑賞、美術館
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です