政策科学研究科修士論文口頭試問

別のリサーチプロジェクト所属のはずの佐藤教授も審査委員をやってくれた。
案の定、けちょんけちょんだった(^^;
おかげで「論理性のより一層の一貫性」、「道具については道具論に徹する」、
「しつこいほど見直す」という三点の必要性をあらためて感じられた。

2002 2/14
出来事メモ、進路関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です