大学で始めての講師を勤める

一回生、編入生必修の政策科学入門でのインターンシップについての 講師を勤める。
基本的に入ってまだ2週間の新入生に対して 「政策科学部生にとってインターンシップの意義」を語るのは (T教授の要請)かなりしんどかった(^^;
その上に角田ゼミ、渡ゼミによるプレゼンをすると
きにMacからの 出力の調子が悪く、僕が急に一番最初になってしまったこともあり、
かなり脈絡無いことも言ってしまったかなと反省。
しかし後から問い合わせや質問が来て、T教授からもオッケーサインをもらったのでまずまずの結果としよう。

1998 4/17
出来事メモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です