中谷彰宏 『面接の達人98 バイブル版』 ダイヤモンド社 1996

どうすれば受かるかというような就職するための就職本は嫌いで
中谷彰宏はさらに大嫌いなのだが、NTTに内定した友達(磯野)から
薦められて本までもらったので読まなくては悪いと思い
しぶしぶながら読み始めた一冊。
案の定、ところどころにおりばめられているこの本自体の売り込みや
自慢話が鼻についたが、それ以外は意外と考えさせられた一冊。
単なる個々のノウハウについてではなく、どう考えていくのかどういう
準備心構えが求められるのかというものを示そうとしている。
実際に初めてのセミナーと面接を受けた直後に読み終えたので
含蓄のある章が多かったと感じた。
就職の事前準備や練習に限ればこの本は最適の本だろう。

この本をamazonで見ちゃう

1998 2/27
就職関連
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です