初就職活動

お台場のフジテレビにて初めてのセミナーと面接。
それほど入りたい企業では無いのだが、日時が早かったことと
難関であるということ、そして本社社屋それも東京でやるということで
緊張感も高いものとして良い練習にもなるので、
このフジテレビを初戦の相手に選んだ。
反省点としては20分の志望理由書記入時間に漢字間違いをしたこと。
5分間の面接で「殺傷事件を起こす少年達には何が足らないと思うか?」と
聞かれたときに「熱くなれる場所がない」と答えたのは、
「現代の若者は決して閉塞しているのではない」という僕の前の発言と
矛盾してしまったこと。一言「だからフジテレビがその場所を提供すべきだ」
のようにつなげられれば良かった。
もしくは「認められる場所を提供すべきだ」と言うべきであった。
しかしながら初めての体験としては意外に面白く、
かつ今後このセミナー&面接を経験したことは利用できると思う。

1998 2/26
出来事メモ、進路関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です