大島直政 『ケマル・パシャ伝』 新潮社 1984

大学の古本市でたまたま手に入れた本。まえまえから
ケマル・パシャについてはかなり興味があったので迷わず購入した。
20世紀はじめに英仏伊そしてギリシアによるトルコ領土分割に
新政府を設立して戦い、その領土を回復しただけでなく帝政を倒し、
かつイスラム諸国では希有な政教分離をおこない、
完全女性参政権を認めただけでなくトルコ語のアルファベット表記、
義務教育の普及などの軍事、政治、文化革命をその一代でなしとげた
20世紀でも有数のリーダーの伝記。
いくら伝記とはいえ、著者少しケマル・パシャを買いかぶりすぎている感は
あるが、リーダーの最も重要な要素である「結果を残す」という点では
ケマルの右に出るリーダーはごく少ないだろう。
ちなみに現地ではケマル・アタトュルク(トルコの父)と呼ばれている。

この本をamazonで見ちゃう

1997 8/4
歴史
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です