司馬遼太郎 『尻啖え孫市』 講談社 1974

雑賀孫市(鈴木重秀)の活躍を描いた、長編の歴史活劇。
司馬遼太郎にしては珍しく、フィクションで
孫市の自由で好色な生き方が痛快に書かれている。

この本をamazonで見ちゃう

1997 2/15
小説、歴史
まろまろヒット率4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です