林原めぐみ 『明日があるさ』 学研 1996

お久しぶりです、はっちーのアドレス帳から外れていたという事実が
発覚した(笑)らぶらぶナベ@ゼミ選択悩みまくりっす(^^)

いやあ、笑えたしこの時期に読んだからでしょう、とても感動しましたよ、
林原めぐみの『明日があるさ』(学研)というエッセイを読んだんですが
これがひさびさの大当たりでした(^_^)

この人は声優なんですが、元々看護婦で様々な経緯で声優になった人です。
この人の仕事や日常のほんのちょっとしたことにもよく現れてくる
彼女のスタンスが面白おかしく書かれていて、とても面白かったですよ!
常に積極的に、つらいときこそ積極的に正直にという彼女の生き方が
肩ひじ張らずに自然な感じで伝わってきて、ちょっと幸せになれました。
基本的に漫画も入ったギャグ系の軽い本なんですが、ちょっとしたことに
とても考えさせられたりさせてもらえます。
本の冒頭で「私は今とても楽しいお仕事をしています。
そしてとても楽しく人生しています」と書いていることが読み終わって
納得できてしまいます。
特に彼女がずっと「ラジオのDJしたい」と思っていたことが実現した経緯や
それが実現したことに対する彼女なりの解釈は素直に泣けます(本当っすよ)

別に決意とかじゃなくて、ほんのちょっと意識して日常のことの見方を
ポジティヴにすることでいかに人生を楽しめるかってことがここに書いてあります。
こう書くと安易な言葉が多そうで、安易な本のように
思われるかもしれませんが安易に読めても安易に感動してはいけないように
思える本だと思います。
漫画やイラストも多くてなおかつ字も大きいのですぐに読めるので
この本はお勧めっす!
何か気持ちを楽に、前向きにさせてくれます。
どこの世界でも「傑出した人物」には学ぶところ
魅力が多いと言うことでしょうか?

この本をamazonで見ちゃう

1996 10/16
エッセイ、自伝
まろまろヒット率4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です