中村彰彦 『名君 保科正之―歴史の群像』 文藝春秋 1996

「豊臣秀吉、徳川家康をめぐる人々」、「名君 保科正之とその末裔たち」、
「幕末、明治の群像」の三部構成。
人物ごとのショートストーリーで成り立っていて読みやすかったが
いまいち物足りなかった。

この本をamazonで見ちゃう

1996 7/24
小説、歴史
まろまろヒット率2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です