道場をはしご

土曜日に洗心館で5:30まで練習した後、先輩の事務所に集まってから正泉寺に行った。
9:30まで稽古したが嶋本師範が技の説明の中で「同」と「和」について 語ったのが興味深く、
また終わってから梅田で飲んだときに 先輩からそのことについて「宮大工」の話しでフォローしていた。

1996 5/25
出来事メモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です