津本陽 『黄金の天馬』 文藝春秋 1987

合気道開祖「植芝盛平」をモデルにして(作品では高島隆之助となっていた)
フィクションと事実を合わせて書いていたの物語。
あまり期待していたもの以上のものはなかった・・・いまいち。

この本をamazonで見ちゃう

1996 2/3
小説、歴史
まろまろヒット率2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です