ゆきやの「大アサリ丼」


佐久島にあるゆきやで、大アサリ丼をいただく。

大アサリ丼とは、マルスダレガイ目マルスダレガイ科のウチムラサキ(学名:Saxidomus purpurata)をカツ丼風に仕立てた佐久島の名物。
やや大味の大アサリは油を使った調理法との相性が良く、また東海地方らしい濃い味付けにすると食べ応えも出てくるので、大アサリの特徴を活かした一品に感じられた。
最近ではアートの島として島おこしが進む佐久島を食の面から盛り立てようとする取り組みの一つ。

ちなみに、関東圏で大アサリと呼ばれているものは、二枚貝綱マルスダレガイ科のホンビノスガイ(学名:Mercenaria mercenaria)なので、東海地方のものとは別の貝。
まろまろと今日ももぐもぐ。

愛知県西尾市、佐久島の「民宿・食堂 ゆきや」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です