郷の「松阪牛のビフカツB」


松阪にある郷で、松阪牛のビフカツBをいただく。

この松阪牛のビフカツBは、松阪牛のフィレミニオンの部分が使われているビーフカツレツ。
フィレミニオン(filet mignon)とは、 ヒレ肉の尾方先端に当たる部位。
こちらのビフカツは衣が薄くてミディアムに熱通しされているのが特徴で、食べてみると、口溶けの良さと共に、しっかりとした牛肉のコクが感じられて美味しい。
この口溶けとコクが両立しているのが松阪牛らしいところ。
松阪らしさを感じられる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市の「郷(さと)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です