元祖・金沢カレー;カレーのチャンピオンの「Lカツカレー」


カレーのチャンピオンで、Lカツカレーをいただく。

このカレーのチャンピオンは、通称「チャンカレ」とも呼ばれる元祖・金沢カレーのお店。
昭和36年(1961年)創業当時は洋食店(タナカ)だったため、洋食店で出される特徴を残している。
たとえば、ルーの上にカツがのせられてソースをかける点や、キャベツの千切りが添えられている点、ステンレスのお皿が使われてスプーンではなくフォークで食べる点などは現在では金沢カレーの特徴だけど、その発祥はこのカレーのチャンピオンとされている。
その元祖・金沢カレーであるLカツカレーを食べてみると、濃厚なルーの味と分厚いカツが合わさって食べ応えを感じた。
見た目も味もインパクトのある金沢の名物カレー。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県伊勢市の「カレーのチャンピオン」ミスタ伊勢店にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です