元祖冷やし中華;龍亭の「涼拌麺」


仙台にある龍亭で、涼拌麺をいただく。

この龍亭の涼拌麺は元祖冷やし中華として知られている。
昭和12年(1937年)当時、仙台の中華料理店組合が夏場の売上低下の解消と仙台七夕祭での目玉商品という二つの目的のために商品開発が話し合われ、組合長だった龍亭が中心になって開発したのが、この涼拌麺。
以来、発祥の地として冷やし中華は仙台の名物となっている。

その元祖冷やし中華の涼拌麺は、コシのある麺と、具材が別皿に盛られているのが特徴的。
オーソドックスな冷麺をやや高級にしたような味わいで、今や全国に広まった冷やし中華の”元祖”というのがうなずける。
仙台を代表するご当地グルメの一つ。
まろまろと今日ももぐもぐ。

宮城県仙台市の「北京料理 龍亭」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です