イチビキの「特上うな丼」


名古屋にあるイチビキで、特上うな丼をいただく。

こちらの特上うな丼は、ご飯の上に二尾、さらにご飯の中に半尾のうなぎのかば焼きが使われている。
食べてみると、これが美味しい。
蒸しを入れる関東風の焼き方をしていることもあって、うなぎはふわっとした食感。
合計二尾半のうなぎのかば焼きと、それを包む大盛りのご飯が迫力あるけれど、見た目よりも食べやすくなっている。
これまで食べたことのあるうなぎの中でも1,2を争う美味しさを感じた。
昭和14年(1939年)創業の老舗の伝統を感じる一品。

ちなみに、こちらのお店には石垣市交流職員の西銘基恭さんが鰻が大好物だということでご一緒したお店でもある。
鰻の産地&消費地として知られる東海地方に赴任された任期ももう終了するということで奮発しておとずれた。
西銘さん、一年間おつかれさまでした☆
まろまろと今日ももぐもぐ。

名古屋の「鰻 イチビキ」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です