大江戸 かぐらの「桑名産ハマグリのお吸い物」


神楽坂にある、大江戸・かぐらをおとずれる。

この大江戸・かぐらは、銀座・九兵衛で修業された大将が腕を振るう寿司懐石のお店。
そして、三重県産の食材を中心にする三重の地域レストランでもある。
写真の桑名産ハマグリのお吸い物は、身は大きいのにとても柔かく、ぷっくりとした食感とハマグリの味が口の中に広がる。
桑名産ハマグリが名品と言われる理由がよくわかる一杯。

ちなみに、こちらのお店には紀北町(三重県)在住の伊藤力行さんに連れて来ていただいた。
青年期はビジネスマンとして、壮年期は研究者として活躍し、退職された現在は知識と経験を活かして地域貢献されている。
そんな伊藤さんのお話と共に、三重県の良さを感じられたひと時。
まろまろと今日ももぐもぐ。

神楽坂の「神楽坂 すし 大江戸 かぐら 三重 地域レストラン」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です