北辰鮨 仙台駅3階店の「どんこの肝のせにぎり寿司」


仙台駅にある立ち食い寿司の北辰鮨・仙台駅3階店で、どんこの肝のこせにぎり寿司をいただく。

どんこは、タラ目チゴタラ科のエゾイソアイナメ(学名:”Physiculus maximowicz”)の三陸地方での呼び名。
初めて食べた魚だけど、弾力のある身とコクがあってホロリとした口融けの肝の両方が美味しくてすっかり気に入った。
お話しによると足が速いので三陸地方以外では刺身として食べる機会は少ない魚とのこと。
三陸を代表する冬の味覚の一つ。

ちなみに、北辰鮨はいくつか展開しているけれど、立ち食いスタイルなのはこの仙台駅3階店のみとのこと。
立ち食い寿司の方が種類が多いとのことで、バラエティ豊かな三陸の海の幸をいただける名店でもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

仙台の「北辰鮨」仙台駅3階店にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です