はまにくの「セボとイチボの塩焼き」


松阪にあるはまにくで、セボとイチボの塩焼きをいただく。

外モモ肉と内モモが合わさった部分のセボと、牛のデン部(ランプ)の先端に当たるイチボは、どちらも希少部位として知られている。
その希少部位をシンプルに塩焼きだけでいただくところに、こちらのお店の自信がうかがえる。
食べてみると、どちらも霜降りが入りやすい部位なので、牛肉特有の脂の甘みと肉のコクが感じられて確かに美味しい。
特に食べ応えのあるイチボは、牛肉の美味しさがギュッと凝縮されているようにも感じた。

ちなみに、こちらのお店はあえて松阪牛のブランドにはこだわらず、上質な黒毛和牛を使うというポリシーを持っている。
そんな大将の心意気が伝わってくる一皿でもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市の「創牛料理 居酒屋 はまにく」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です