くらの「マンボウの酢味噌合え」


松阪にある居酒屋のくらで、マンボウの酢味噌和えをいただく。

マンボウ(フグ目マンボウ科、学名:”Mola mola”)は、三重県南部に当たる南勢地方では普通に食べられている魚。
ただし、鮮度の早さから他の地域には流通しにくいので希少性が高い。
今回も、こちらの大将が懇意にしている紀伊長島の漁師さんから水揚げの連絡が入ったため、たまたま仕入れたとのこと。

食べてみると、柔かさと水分が豊富に感じられる特徴的な味わい。
お話によると、三重ではマンボウを酢味噌で食べるのが一般的とのこと。
確かに醤油よりも酢味噌の方が相性が良く、ご当地の食材というのが伝わってくる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市、愛宕町の「居酒屋 くら」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です