道の駅 飯高駅の「どいなか寿司」


道の駅 飯高駅で、どいなか寿司をいただく。

どいなか寿司(ど田舎寿司)とは、切り目を入れた厚手のこんにゃく中に酢飯を詰め込んだ飯高駅のオリジナル寿司。
食べてみると、しっかりと味が染み込んだこんにゃくと酢飯との相性が良くて美味しい。
いなり寿司のおあげの代わりにこんにゃくを使ったものだけど、こんにゃくの食感によって、いなり寿司とはまた違った味わいになっている。

ちなみに、このどいなか寿司は松阪市市民講座の「地域の魅力を発見発信講座-街歩き『てくてく松阪』を通した地域資料作りのすすめ-」を受講された有志のみなさんと「てくてく松阪ワークショップ」を開催した際に発見したもの。

お話をお聞きすると、こんにゃくはもちろん、酢飯に混ぜ込まれた椎茸なども飯高地方で採れたものを使っているとのこと。
美味しさと新名物を生み出す工夫に一同感銘を受けた一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市飯高町の「道の駅 飯高駅」内ファストフードコーナーにて購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です