銚子丸の「メカジキのにぎり寿司」


回転寿司の銚子丸で、メカジキのにぎり寿司をいただく。

スズキ目メカジキ科のメカジキ(女梶木、学名:”Xiphias gladius”)は、実は生で流通することが少ない魚。
ただし、この銚子丸は銚子港から水揚げされた魚を仕入れているので、生のメカジキも寿司ネタとして並べることができる。
味の方も少し大味だけど、薄いピンク色の身は新鮮さが感じられる。
千葉の地産地消な一貫。

ちなみに、この銚子丸のアラ汁は野菜が豊富に入っていて何気に気に入ってしまった。
まろまろと今日ももぐもぐ。

千葉市・中央区の「すし 銚子丸(ちょうしまる)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です