銀座屋の「赤魚の塩焼き」


大阪の天満界隈は立ち飲み激戦区として知られている。
(酒の奥田などが有名)

そんな天満界隈にある立ち飲み店、銀座屋で赤魚の塩焼きをいただく。
赤魚とは、アコウダイとも呼ばれるカサゴ目フサカサゴ科の魚のことで、学名は”Sebastes matsubarae”。

食べてみると、白身魚だけど脂がのっているのでしっかりとした味わい。
やはり塩焼きが美味しいですな。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・天満(天五)の「立ち飲み処 銀座屋」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です