東横イン 名古屋駅桜通口新館の「朝食」


ビジネスホテルの東横インで、朝食をいただく。

東横インの特徴の一つは、何と言ってもおにぎりバイキングの朝食が標準で付いているところ。
ビジネスホテルは朝食付きが一般的になりつつあるけれど、その方向性を決定的にしたのは東横インだと言われている。
この日の東横イン 名古屋駅桜通口新館の朝食も、山葵漬け、鮭、かやくの三種類のおにぎりと、白和え、ヒジキなどの副菜と味噌汁がバイキング形式でいただけた。

確かにとても簡単なものだけど、パンよりもご飯が嬉しい日本人としてはこれで必要十分。
利用者が何を望んでいるのかをしっかりと調査しているのが伝わる一皿。
まろまろと今日ももぐもぐ。

名古屋・名駅の「東横イン 名古屋駅桜通口新館」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です