ドアラ 『ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ』 PHP研究所 2008

「まろまろ茶話会2009」の詳細が決定した、まろまろ@まろみあんのみなさんどうぞよろしくお願いします☆

さて、『ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ』ドアラ著(PHP研究所)2008。

プロ野球球団、中日ドラゴンズのマスコット・キャラクター、ドアラの本。
内容は、ドアラの日常や気持ちをドアラ自身が語るスタイルのフォトブックになっている。

読んでみると、ドアラの持つどこか虚脱感とカラまわりする存在感が本としてもちゃんと表現されている。
愛読書のフォトブック『どこへいくカッパくん』にもスタイルは雰囲気は通じるけれど、

アランジ・アランゾ 『どこへいくカッパくん』 ベネッセコーポレーション 1997


副題が「格差社会に負けない」となっているように、こちらの方がより世知辛い。

新しいマスコット(シャオロンとパオロン)の登場によってリストラの危機を経験したり、
毎回バク転をする重労働なのに報われることが少ないなど、ドアラの立ち位置が格差社会を思い起こさせる。
また、「人生(コアラ生)はお金じゃないですよ」と言いながらも、自動販売機のおつり受けをあさる姿などは、
ドアラが世相を反映した(時代の流れに乗った)キャラクターだということがよく理解できる一冊になっている。
この本をamazonで見ちゃう

2009 7/1
絵本
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です