栄児 家庭料理の「四川麻婆豆腐」


本郷三丁目にある中華料理店、栄児 家庭料理をおとずれる。

この栄児(ロンアール)さんは、四川省から取り寄せた本場の香辛料(花椒や唐辛子、白胡麻)を使った本格的な四川料理で有名なお店。

今回は文京区友の会初夏ディナーオフ会として初訪問。

コース料理で数々のお料理をいただいてみると、まさにしびれる味!
名物の汁なし坦々麺はもちろん、バンバンジーやエビチリもしっかりとした辛さがあって、身体の中がポカポカ。

写真は、四川料理を代表する味の麻婆豆腐。
あざやかな色合いの通り、あざやかな辛味と香辛料の鋭さを感じられる一皿。

幹事さんががんばっていただいてコースに飲み放題をつけていただいたので、汗をいっぱいかいても水分は補給されて、梅雨のジメジメした気候にはぴったりの会となった。
(参加されたみなさんの感想は文京区友の会のイベントトピックスを参照)

一身上の都合で東京と大阪を往復する日々だけど、そんな中でも文京区友の会は活況で、オフ会の要望も絶えないというのは嬉しいことでもありますな☆

ちなみに弘兼憲史さんのマンガ『常務 島耕作』に登場する紫蕾というキャラクターはこの栄児家庭料理のオーナーさんがモデルになっていると言われている。

まろまろと今日ももぐもぐ。

本郷三丁目(東京都文京区本郷3-15-1)の「栄児 家庭料理(ロンアール・かていりょうり、えいじでは無い」にて。

“栄児 家庭料理の「四川麻婆豆腐」” への0件の返信

  1. ピンバック: B食LOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です