西村食堂の「刺身盛り」


伊勢志摩はリアス式海岸が続く日本有数の漁場。
その伊勢志摩にはパールロードが開通する前までは航路でしかアクセスできない陸の孤島がいくつかあった。
1500年以上の歴史がある漁師さんと海女さんの港町、石鏡もそうした地域の一つ。

今回はその石鏡漁港にある西村食堂をおとずれる。
この西村食堂は大衆食堂と居酒屋が合わさったお店。
文字通り目の前で水揚げされた海産物を豪快に出してくれることのことで、注文したのが刺身盛り三人前。

「これが三人前?」と思うくらいの豪快な盛り方はさすが漁港のお店。
食べてみると新鮮な魚の甘味が口の中に広がる。
どれも美味しいものばかりだけど、特に写真左奥に写っている魚と味噌のたたき合わせがおつまみとして気に入った。
さらに気に入られると、注文していないのにサーヴィスで一品も出してくれたりもする。
海の気風を今に残すオススメ店。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県鳥羽市、石鏡漁港の「磯料理 大衆食堂 南鳥羽石鏡 西村食堂(にしむらしょくどう、西村食道では無い)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です