Cafe Du Monde(カフェデュモンド)の「ベニエ」

ニューオーリンズ発祥のカフェ、Cafe Du Mondeでベニエをいただく。

ベニエとは、綿実油で揚げた四角いドーナツのことで、ニューオーリンズの名物。
クレオール文化が残るルイジアナ(元フランス領)のお菓子だけあって、語源はフランス語の衣揚げを意味する”beignet”から来ている。
食べてみると、ふんわりとした食感とパウダーシュガーが合わさって素朴な味わい。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・梅田、茶屋町の「Cafe Du Monde(ベニエ&カフェ カフェ・デュ・モンド)」にて。

3 Replies to “Cafe Du Monde(カフェデュモンド)の「ベニエ」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です