「かつ丼」


再合併した父方の祖母(戸籍上は叔母)が、かつ丼をつくってくれるということでお家におじゃまする。
数々の人生の修羅場をくぐりながら調理師として働いていたおばあちゃん(おばちゃん)の料理はどれも美味しいけれど、このカツ丼は特に美味しく感じられた。パリっとしたとんかつと半熟のいり卵とのバランスが絶妙でまさに至高の一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・芦原橋の祖母邸にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です