梅園の「あわぜんざい」(粟善哉)

1854年創業の、浅草を代表する甘味処に立ち寄る。名物のあわぜんざい(粟善哉)をいただくと、想像していたものより美味しかった。ぜんざいといっても練られたあんこがのっているのでお餅のような食感。
文京区友の会のゲリラポタリングオフでおとずれた、浅草・浅草寺仲見世通りの「梅園(うめぞの)」本店にて。

“梅園の「あわぜんざい」(粟善哉)” への0件の返信

  1. こんばんは、TBありがとうございます。
    「あわぜんざい」ぼくも想像していたものより美味しく感じました。

    余談ですが「まろまろ記」、興味深く拝見いたしました。
    自分個人のブックマークに登録しましたよ。

  2. ピンバック: 路地裏Cafe
  3. ピンバック: Million's Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です