たつや(たつ屋)の「開化丼」(開花丼)


存在を知ってから6年来ずっと気になっていたお店に入る。基本は牛丼屋さんらしいけど微妙にメニューが豊富。その中でも今回は開化丼を注文すると、卵とじの牛丼が出てきた。何でも開化(開花丼)の名前の由来は牛や豚を食べるようになった明治の文明開化から来ているという説と、これまた文明開化の時期から食べるようになった玉ねぎを使っているからという説の二説があるらしい。豚でなく牛が入っている場合は大阪ではお馴染みの「他人丼」と同じ感じですな。
神田神保町・すずらん通り沿いの「牛どん たつや(たつ屋)」にて。

2 Replies to “たつや(たつ屋)の「開化丼」(開花丼)”

  1. 始めまして。「たつ屋」非常に懐かしいです♪
    すずらん通り店も応援で行ったことがありますよ。
    この「たつ屋」の新宿店と新大久保店(こちらは無くなってしまいましたが)で約5年バイトをしていました(笑)

    当然この開花丼も汁から作れますよ♪

  2. >Shinsuke2512rockさん
    こんにちは、ようこそいらっしゃいました。
    たつ屋でバイトされていたとは驚きです!
    最近は少なくなりましたががんばってほしいお店ですよね。
    開花丼を今度つくってください(w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です