「大菩薩峠の湯」 (温泉)

泉質:アルカリ性単純泉 (PH10の高アルカリ泉質)

山梨と奥多摩を結ぶ青梅街道(国道411号線)沿いにある温泉。
市営で正式名称は「甲州市塩山交流保養センター 大菩薩の湯」。

なんといってもPH10の高アルカリ泉質なのがめずらしい。
公共施設の割には大きめの露天風呂もあるし、源泉浴槽もある。
隠れ湯的に使えて気に入ったお風呂。
(何しろ帰り道で野生の鹿と二度も出会ったほどの場所)

2006 4/28
ぷかぷかお風呂日記
まろまろヒット率4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です