『電車男』(TV番組)

映画に引き続いて観たドラマシリーズ。

2時間におさまる話を12回シリーズにするというのに一抹の不安を感じて観始めたが、毎回のようにスレの住人にスポットを当てる演出は、原作の良さが強調されいて面白かった。
ただ、二人の邪魔をする恋敵が出てくる後半は、スレ住人へのスポットが減って残念だった。
原作にない演出だっただけに外しちゃった感が大きかった。

また、原作を読んでいた人間からするとエルメスタン=中谷美紀似という先入観があったので、テレビ版のエルメス役=伊東美咲というのは、始まる前から少し違和感があった。
でも、だんだんと伊東美咲もエルメスに見えてきた僕はうまく演出に乗っかれたんだろう。
(ちなみに伊東美咲と僕は誕生日が同じ)
観終わってみると、ごく真っ当なラブコメディだったという印象が強い。

やはりこのドラマは内容よりも、その進化形態の方が印象深かった。
2ちゃんねるから生まれた話が本になり、映画になり、さらにテレビドラマになり、それも高視聴率だったということは、ある種のターニングポイントになったかもしれない。
この流れは時間の問題だったとはいえ、これまでタブー視されることが多かったネット掲示板を広く一般化させる促進剤になったことも含めて、歴史に残る作品ではあることは確かだろう。

このコンテンツをamazonで見ちゃう

2005 9/22
もろもろ鑑賞、テレビドラマ
まろまろヒット率4

“『電車男』(TV番組)” への0件の返信

  1. ピンバック: MA2'pocket
  2. ピンバック: nakapageの日記
  3. ピンバック: LITTLE BRIDGE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です