芸術法セミナーにアカデミック・コメンテイターとして招へいされる

芸術法セミナー特別講師 「アーツアンドロー(Arts&Law)」主催の芸術法セミナー
特別講師(アカデミック・コメンテイター)として呼ばれて参加する。
会場は池尻大橋の世田谷ものつくり学校だった。

内容は作田知樹Arts&Lawディレクターが総論を話しつつ、
僕が各論を話したり突っ込みを入れたりする役回りだった。
特に情報発信の中でトラブルを避けるための予防法務をいかにしてきたのか、
また、商標登録などの知財権管理の体験談を中心に話した。

終わってからの懇親会ではインタラクィヴ・アートや演劇、造形など
様々な表現活動をしている人たちと情報交換や意見交換できたのが良かった。
このセミナーには表現者だけでなく法律家も多く参加していたので、
芸術法の社会的ニーズの高さをあらためて感じることとなった。

ちなみに懇親会の後に渋谷で打ち上げがあったが、隣が明らかにコンパの席だった。
たとえ話し声が聞こえなくてもコンパの席は、独特のオーラが発しているので注目してしまう。
表現と法、コンテンツ支援などの会話をしながらコンパでの人間模様を観察した打ち上げだった(^^;

2005 5/20
出来事メモ、まろまろ研究、講演会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です