『椿姫』(オペラ)

招待券をもらったのでスロヴァキア国立歌劇場による「椿姫」全3幕(ヴェルディ作曲)を観に行く。
第11回神奈川国際芸術フェスティバルの一環ということだったので、神奈川在住の秘書と共に神奈川県民ホールに出向いて観劇した。
配役はヴィオレッタ役がマリア・グレギーナ、アルフレード役がペテル・ドヴォルスキーだった。
空席もあったので1幕ごとに場所を変えて観ることができたが、3幕目に観た2階席が立体的な観劇ができてかなり良かった。
ちなみに昔この物語の主人公のモデルとなった娼婦の肖像画を見た時に、
子供心に綺麗とか可愛いとかいうより幼い感じがしたので
今回演じるマリア・グレギーナの恰幅の良い迫力に少しとまどった(^^;
そんなこんなな初オペラ。

2004 10/31
もろもろ鑑賞、オペラ
まろまろヒット率4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です