謙虚に続けるなら、傲慢に休め

謙虚に続けていきたいなら、時として傲慢に休むことが必要。
疲れを知らない人間の疲れは取り返しがつかないこともある。
同僚に「勇気と自信を持って休め」と話すことがあったが、
自分自身もこのことは忘れないようにしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です